エイコサノイド

アラキドン酸のヒト合成

アラキドン酸は摂取することにより脳の伝達細胞を発達させて、結果的に記憶力や集中力が向上する効果があります。
脳の成分でDHAの次にアラキドン酸が多いと言われています。
つまり、脳の発達にとってとても重要な成分と言えます。
また、免疫機能の調節を行ったり高血圧の予防、コレステロール値を下げる働きをするなど脳だけでなく体にとっても重要な成分となります。

では脳と体にとってとても大切な成分はどうやって体内に摂取すればよいのでしょう。
アラキドン酸は不飽和脂肪酸の中の一つであり、体内で合成することが出来ないために必死脂肪酸と言われています。
肉や魚、卵などの食物に含まれているので、バランスの良い食事をしていれば不足することはありません。

アラキドン酸は一般的には体内で合成することが出来ないと言われているのですが、実は合成することができます。
リノール酸という成分はご存知ですか。
この成分は不飽和脂肪酸の中の一つであり、アラキドン酸はリノール酸から合成されます。
確かにリノール酸から合成されますが、合成される量が少量の為にその量だけでは全く足りずに不足状態になってしまいます。

また、リノール酸は酸化しやすいために、多量に摂取してしまうとガンの原因になる可能性があります。
リノール酸も必須脂肪酸の中の一つであり、その為にリノール酸を含んでいる食物を食べないとアラキドン酸に合成することができません。

リノール酸からアラキドン酸を摂取しようと考えるとかなりの量のリノール酸を含んでいる食物を摂取しないといけませんし、なによりガンになるリスクが高くなることから、リノール酸から合成させる行為はあまりお勧めできません。
アラキドン酸が体内で合成出来ないのは残念ですが、脳と体にとって必ず必要な成分となります。
上記でもお伝えしましたが、バランス良く食事をしていれば不足することはありません。
好き嫌いをなくして、楽しく食事をして摂取するようにして下さい。