エイコサノイド

コーン油使用でアラキドン酸を摂取したことになる?

アラキドン酸という成分をご存知ですか。
この成分を積極的に摂取することにより脳が活性化し、集中力や記憶力が向上するなどの効果があります。
さらに免疫力がアップするとも言われております。
長い人生を健康で楽しく、元気に過ごすためには必要な成分だと思われます。
また、乳幼児の脳の成長にとっても大切な成分と言われています。

アラキドン酸は多価不飽和脂肪酸であり、体内で合成することが出来ない必須脂肪酸ですので、食べることで体内に取り込むことになります。
多価不飽和脂肪酸にはN-6系脂肪酸とN-3系脂肪酸があります。
アラキドン酸はその中のN-6系脂肪酸に分類されており、その他にリノール酸とr-リノレン酸も一緒の分類となり、肉や魚、卵などの動物性の皮脂に含まれています。

皮脂と聞くと油を想像する方もいらっしゃるのではないでしょうか。
コーン油などにも少量ですがアラキドン酸は含まれています。
では、体内に取り入れる為に食べる食材すべてコーン油で炒めて食べれば良いのではと思われるかもしれませんが、お勧めすることが出来ません。
なぜならコーン油などの皮脂にはアラキドン酸よりリノール酸の方が多く含まれているからです。
リノール酸の働きは血液中のコレステロールの低下や動脈硬化の予防効果があると言われていますが、摂り過ぎると善玉コレステロールまで減らしてしまいます。
また、酸化しやすくガンの原因となる成分を作り出してしまう可能性もあります。
つまり、コーン油などを必要以上に摂取しすぎると体調を崩してしまい、ガンになるリスクが高くなるということです。
さらにカロリーオーバーになる可能性もあり、肥満になるリスクも高くなります。

そのことからコーン油などを使用したアラキドン酸を摂取することはお勧めできません。
もしアラキドン酸を摂取したいのであればコーン油などで摂取するのではなく、肉や魚などをしっかりと食べて摂取するようにして下さい。
コーン油を使用するなら少量だけ使うように心がけて下さい。
体に負担が掛からないような方法でアラキドン酸を摂取して元気で健康な生活を送って下さいね。