エイコサノイド

オレイン酸とアラキドン酸

脂肪分はダイエットの敵だと思い、摂取しないようにしていませんか。
確かに摂取しすぎるとダイエットの敵になってしまいますが、脂肪は三大栄養素のうちの一つです。
脂肪は血液やホルモンの原料となりますし、ビタミンなどの吸収の手助けをしてくれます。
つまり、全く脂肪を摂らないということは体調を崩す原因になります。

脂肪には飽和脂肪酸と不飽和脂肪酸と分けることが出来ます。
飽和脂肪酸は摂り過ぎると動脈硬化の危険がありますので、摂り過ぎに注意です。
一方、不飽和脂肪酸はさらに一価不飽和脂肪酸と多価不飽和脂肪酸に分かれます。

オレイン酸は不飽和脂肪酸に分類され、不飽和脂肪酸の中では最も酸化しにくい為に、コレステロール値の低下、動脈硬化や高血圧などの予防、改善が期待されています。
オリーブ油やひまわり油にオレイン酸は含まれている事から、健康志向の方はドレッシング代わりや揚げ物の油として使用する方も増えています。

多価不飽和脂肪酸は体内で合成することが出来ないために必須脂肪酸とも言われており、さらにN-6系脂肪酸と N-3系脂肪酸に分けることが出来ます。
リノール酸はN-6系脂肪酸に分類されています。

リノール酸はコーン油などに含まれています。
リノール酸はコレステロール値を下げてくれる効果もありますが、過剰に摂取してしまうとガンの原因となる恐れがあります。
脳の働きを高めてくれることで有名なアラキドン酸ですが、この成分はリノール酸の一つになります。
アラキドン酸を摂取すると脳の伝達神経が発達し、記憶力や集中力が高くなると言われています。
アラキドン酸はリノール酸の中の一つですが、多量に摂取してしまうとガンの恐れがあります。
リノール酸http://www.tanithandben.com/rinorusann.htmlを含んでいる食べ物でアラキドン酸を摂取することは控えた方がよさそうです。
肉や魚、卵に含まれていますので、それらを食べる時はオレイン酸を含んでいるオリーブ油などを使用して調理しましょう。

脂肪も摂取の仕方で体に良い影響を与えてくれます。
どの方法が自分にとって良いのかを考えて使用しましょう。