エイコサノイド

アラキドン酸はなぜ摂取しなければならないのか?

一昔前にDHAという成分が脳の働きに良いということで大変注目されました。
DHAは記憶力や学習能力の向上や動脈硬化の予防などに効果があるということでボケ防止の為に高齢者や勉強などで覚えることが多い学生などに特に人気がありました。
近年、DHAと共にアラキドン酸という成分も注目を集めています。
アラキドン酸は必須脂肪酸の内の一つであり、摂取すると脳の働きに良いと言われています。

なぜ、摂取すると良いと言われているのでしょうか。
アラキドン酸は脳の伝達細胞を活性化する作用があり、摂取することにより記憶力や集中力の向上に繋がるからです。
つまり脳の働きにとても重要な役割があるという事です。
また脳の働きだけでなく高血圧の予防やコレステロール値を下げる働きもあるため、健康の為にもぜひ摂取したい成分と言えます。

では、アラキドン酸が不足してしまうとどうなってしまうのでしょうか。
その前にアラキドン酸は牛肉や豚肉、卵、母乳などに含まれており、通常の食事をバランスよく食べていれば不足することはありません。
しかし食べ物の好き嫌いが激しい、ダイエットのために食事制限をしている方などは不足していることもあります。
また体内で上手に合成出来ない乳幼児や合成能力が低下してしまう高齢者も不足している可能性はあります。

不足してしまうと物や人の名前が出て来ないなどの物忘れの症状が現れやすくなります。
加齢による物忘れの症状はアラキドン酸が不足していることも一つの要因と言われています。
加齢と共にどうしても老化してしまいますが、摂取することにより脳の老化を遅らせましょう。

また、乳幼児の時は脳の伝達細胞が一気に成長する時期です。
その時に摂取することにより、脳の伝達細胞はしっかりと作られることになりますので、学習能力や記憶力が向上することになります。
子どもを育てる親としては是非とも摂取させたいということになります。

必須脂肪酸は体で作り出すことが出来ないために食事からアラキドン酸を摂取しなければなりません。
上記でもお伝えしましたが、バランスよく食べていれば摂取出来る成分です。
どうしても食品から摂るのが難しいのであればアラキドン酸サプリを推奨します。
好き嫌いなくご飯を食べて、しっかりとアラキドン酸を摂取して下さい。